小児の肘内障・肘の脱臼

子どもの肘の脱臼・肘関節の脱臼など緊急対応できます

こんなお悩みはありませんか?

  • 赤ちゃんの腕を持った拍子に泣き出した
  • いつも右手で物をつかむのに動かさない
  • 鉄棒をしていて、肩や肘が抜けた
  • こけた時に手をついて肘が脱臼した
小児肘内障

小児肘内障を疑ってください

スタッフ写真

お子様に良くある肘内障。大人になると大丈夫なのですが、小児のうちはまだ、骨が不完全で軟らかいため、抱っこするのに少し腕をひっぱたり、

手をつないで歩いている時に急に引っ張ってしまったりすると、亜脱臼を起こしてしまいます。

よく肘が抜けるといわれますが、まさに骨と骨をしっかりと結び付けている輪状靭帯が抜けてしまったり、ずれることで起こる症状です。赤ちゃんの場合は気づくのが難しいのですが、腕を動かさない、触ると泣く、いつもは右手で指しゃぶりをするのにしない、など少しでもおかしいな?と思う事があればすぐにご来院ください。

津島市 黒氏接骨院|小児肘内障について

小児肘内障は一度抜けると抜けやすくなるのですが、癖になるというよりは、元の骨や軟骨に特性があり、抜けやすい構造になっています。
下記の図でもわかるように小さいうちは橈骨頭の形がしっかりしていなく、軟骨の成分も多いので、輪状靭帯からズレたり抜けたりして起こります。

一度でも肘内障になったお子様はなりやすい形をしているということですので、日常生活でも気をつけてもらえたらと思います。

小児の肘内障・肘の脱臼

幼児の骨の違い

津島市 黒氏接骨院|小児肘内障について

5歳ぐらいまでに起こりやすい小児肘内障

肘内障の施術写真
小児肘内障は当院で痛みなく整復します!
肘が抜けたと言うと凄いことに思いますが、すぐに整骨できます。外れてしまった輪状靭帯に橈骨頭をいれて、元に戻してあげれば手術や固定の必要はありません。ですが、7歳ぐらいまでは一度抜けると抜けやすくなるので、気をつけて下さい。

津島市 黒氏接骨院|患者様の声

up
口コミ投稿ボタン

黒氏接骨院